我ら、EZO育ち。
砂川誠さん 翔夢くん #01

コンサドーレ札幌 ミッドフィルター

砂川誠さん 翔夢くん

誰かのことを思って、何かをやってあげられた時に、褒めるようにしている。
子どもは親のことをしっかり見ているんだと、いつも意識するようにしている。

時間がある時はできるだけ翔夢くんと過ごしているという砂川選手。
一緒に遊び、時にはケンカもするという2人の関係は〝親友〟のよう。

 試合や練習のスケジュールが前もって決まっているので、息子といる時間はわりと取れる方ですね。だから幼稚園へ迎えにも行くし、食事を作ることもあります。料理はこれまでまったくしなかったんですが、必要に迫られて簡単なメニューなら作れるようになりました。息子のおかげで、こちらもいろいろなことができるようになっています。やっぱり子どもは親のことをしっかり見ています。だから、挨拶や感謝の気持ちといった人を思いやることも、親がちゃんと行動で見せてあげないといけない。親が普段から、ありがとうという言葉を言っていると、子どもも言えるようになる。当たり前のことですが、親になってあらためてこうしたことの大切さを感じています。イクメンという言葉が流行って、何かファッション的になっていますけど、実際に子育てをしてみるとそんな言葉一つでは片付けられないものがありますよね。息子は運動神経がいい方だと思います。サッカーは特に教えることもなく、歩き出したらすぐにやっていました。今はテニスが面白いみたいです。僕はずっとサッカーをやってきましたが、両親は何も言わずに僕がやりたいようにサッカーをやらせてくれました。それがあるから今があります。だから、息子も自らがやりたいというものを見つけてくれればいいなと思っています。

EZO裏バナシ

  • 愛犬のトイプードルたちの名前が、背番号にちなんでのハチベエと続くキュウタロウ。そして誕生した男の子なので、さらに続いて10から翔夢と名付けたという、ユニークなエピソードも。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

特集記事

運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
お問い合わせ