私が美しいと思うこと。
りさ #08

管理栄養士/ フードコーディネーター

りさ

美しくあるためには
健康的な食生活、
栄養バランスに優れた“食”が大切。

“美”とは、健やかな体に宿るもの。そう考えるりささんは
管理栄養士としての豊富な知識と経験を生かし、
食を通しての心と体の健康、そして美しさを育む。

高校卒業後、管理栄養士を目指したのは食を大切にする母親に育てられたから。家庭科の先生の影響もあり中学生の頃には食品添加物を気にするような子どもでした。私にとっての“美”とは健康をつくる“食”によって育まれるもの。「医食同源〜食べることは生きること」と、日々口にするものを大切にしています。バランスの取れた食事と聞くと難しく感じるかもしれませんが、赤・黄・緑・白・黒と彩りを意識すると自然と栄養バランスもよくなるんですよ。管理栄養士のレシピは体にはよくてもおいしくないと言われることもありますが、フードコーディネーターとしての視点を持ち、見た目や味にもこだわったレシピをお届けしたいと思っています。今では楽しみの一つとなった外食、実は以前はほとんどしませんでした。若い頃に先天性疾患で大きな手術をしたこともあり、体に悪そうなものは一切食べたくなかったんです。それが20代後半にワインを通じて多くの出会いがあり、みんなでおいしいものを食べ、食を楽しむ時間が心の栄養にもなっていることに気付きました。今後もたくさんの方が笑顔になるようなレシピを作って食の楽しさ大切さを伝え、健康で美しい人が増えるお手伝いをできたらうれしいです。

=PROFILE=
天使女子短期大学(現天使大学)を卒業後、管理栄養士として製パンやたれ・スープ、菓子などのメーカーで商品開発に携わる。2012年より独立し、フードコーディネーターとしてレシピ開発や料理教室、TV出演など幅広く活躍している。

EZO裏バナシ

  • 最初に就職したメーカーで製菓を担当したこともあり、「お菓子はよくつくる」というりささん。取材時にもりんごのケーキを焼いていただき、「料理は無心になれるのがいいところですが、私は職業柄、作りながら配合などを必ず計るのがクセになっています」と笑う。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

特集記事

運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
お問い合わせ