“EZO”は花火で夏を楽しんでるよ!
朝飛の部屋Vol.12 #05

レバンガ北海道

朝飛の部屋Vol.12

Bリーグの2年目が終了し、2018-19シーズンも激しい戦いが予想されるレバンガ北海道。
今回は昨シーズンの振り返りと2018-19シーズンに向けての意気込みを多嶋選手と桜井選手に聞きました。

たじまあさひ
多嶋 朝飛選手
キャプテン PG 背番号8
1988年生まれ、帯広市出身。東海大学を経てリンク栃木ブレックスに入団。2013年にレバンガ北海道へ移籍。173cm、71kg

さくらい りょうた
桜井 良太選手
スモールフォワード 背番号11
1983年生まれ、三重県出身。愛知学泉大学を経て、トヨタ自動車アルバルクに入団。2007年レラカムイ北海道へ移籍。2011年よりレバンガ北海道。194cm、85kg

B.LEAGUE 2018-2019始動!!

Q1. 2017-18シーズンで一番印象に残った試合は?

多嶋選手

A. 5月7日のホーム最終戦。内容よりもとにかく勝ちたかった試合で、みんな満身創痍でしたがレバンガらしくチーム全員で最後まで戦い、勝利で締めくくることができたので。平日のナイトゲームにも関わらず多くの方が来てくれて、シーズンを通してのチームの成長を見せられたことも良かったなと。

桜井選手

A. 10月15日のホームでの川崎ブレイブサンダース戦。開幕第3節目、前季勝率リーグ1位だった強豪川崎相手に新しいチームでしっかりと戦えて勝利することができ、今シーズンもいけるぞという手ごたえを得ることができたので。

Q2. 印象的・面白かったイベントは?

多嶋選手

A. ノースサファリさんに行ったいろいろ(イベントやCM撮影など)ですね。非常にタフでしたが、おかげで動物たちに多少慣れることができました(笑)。犬は実家で飼っていたことがあるので平気ですよ!

桜井選手

A. ファン感謝祭で伊藤大司選手※と平井堅さんの「POP STAR」を歌ったことですかね。思っていたよりファンのみなさんの反応が薄くて、途中で心が折れちゃいました(笑)。終了後、大司と傷を癒しに二人で飲みに行きましたね。※2018-19シーズンより滋賀レイクスターズに移籍

Q3. 来季への意気込みは?

多嶋選手

A. 目標として、チャンピオンシップ出場以上を目指していかないと、そこにも辿り着けないと思うので、これまで積み重ねてきたことにさらにしっかりと上積みして、チーム力と個の両方を高めて、これまで以上に厳しい状況が予想されるシーズン全60試合をしっかりと戦っていきたいです。

桜井選手

A. 個人的には、怪我をせずに良いパフォーマンスをすることが目標です。試合を観に来た人にまた行きたいと思ってもらえるような、バスケットはもちろん、試合以外の部分でも楽しんでいただけるような魅力的なチームになっていけたらと思っています。

Q4.プライベートでこれから挑戦したいことは?

多嶋選手

A. 海外や国内、いろいろな場所へ行っていろいろなものを見てみたいです。

桜井選手

A. 今更ですが、英語。チームとよりコミュニケーションを取りたいので。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

特集記事

運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
お問い合わせ