特集 Meet your “EZO” standard. EZOのいい“もの”。
乾 哲郎さん #06

ジュエリー作家

乾 哲郎さん

“グッドマン”がつくる、あなただけのアクセサリー。その出会いはきっと、最高の輝きに満ちている。

宝飾職人が手掛ける世界で唯一のアクセサリー

 「いいものは、いい人の手からのみ生まれると思っている」。そう話す乾哲郎さんは、30歳を目前にした29歳の時に食品会社の営業マンを辞め、小さい頃から憧れていた“ものづくり”の世界へ。百貨店の宝飾品を扱うジュエリー工房で職人として腕を磨き、6年前に独立して立ち上げた自らの工房を、常に“いい人でありたい”との思いから〈goodmanjewelry works〉と名付けた。結婚指輪や婚約指輪などの製作・修理を行う〈goodman jewelry works〉では、2年前からオリジナルアクセサリーの製作販売も開始。職人としての確かな技術によって生み出されるアイテムは、繊細かつ他にはない新しさを持っており、パーツはたとえ既製品であっても、そのすべてに手を加え、一つとして同じものがない。また、創作の動機もユニークで、メンズであれば、「自分が単純に欲しいと思うもの」、レディースは「女性に身につけて欲しいと思うもの」を実際に会った人や雑誌のモデルなどからインスピレーションを得て、服装や雰囲気も含めて身につけている姿をイメージし、つくりあげていく。だからこそ、たくさんのものや人を見て、観察し、“いいと思うもの”を追求するという乾さん。その上で、「誰もやっていないこと、新しいことをめざし、あっと驚くものをつくっていきたい」と話す。特定の店に卸していない乾さんのアクセサリーだが、その人気はイベントや口コミなどで徐々に拡大。オーダーメイドも直接受け付けていて、そちらは普段からアクセサリーを身につけている“目の肥えた人”からの発注が多いという。「この人に頼めば、美しいラインや細かい装飾、さらにはジュエリーのエレガントさを残したアクセサリーづくりまで、どんなものでもつくってもらえると思ってもらえたらうれしいです。そのためにも活動範囲を広げていきたいし、手を抜かず、考えられることはすべてやっていきたい」と意気込む乾さん。“グッドマン”がつくる、あなただけのアクセサリー。その出会いはきっと、最高の輝きに満ちている。

EZO裏バナシ

  • 黒蝶貝と白蝶貝のツイストリングは各24,000円。

  • 手前に写るバロックパールと18金を使ったペンダントは60,000円、シカの角をモチーフにした「アントラーのペンダント(BRASS)×K14gf」は1,1000円、「SILVER×BRASSバングル」は5,000円。

  • 18金のダイヤモンドリングは一点モノで155,000円、奥に写る「SILVER×BRASS王冠リング」は6,000円で販売している。

  • 乾さんは29歳の時にカナダへ旅行。そこで「カナダの人たちの定時で仕事を切り上げ、自分の時間を大切にする気質に刺激を受けた」と言い、「サラリーマンとして時間に追われる生活ではなく、自分のやりたいことをやろうと仕事を辞めた」と振り返る。

  • 細部にまでこだわっている。

  • オリジナルの1点ものが多く並ぶ。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

特集記事

運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
お問い合わせ