今年の”EZO”の夏は何をして過ごす?
北海道コンサドーレ札幌を陰ながら支える CVS(コンサドーレボランティアスタッフ) #05

つながる・集う・楽しいコンサドーレ!

北海道コンサドーレ札幌を陰ながら支える CVS(コンサドーレボランティアスタッフ)

北海道コンサドーレ札幌のホームゲームでは、会場内のいたるところに黄色いビブスを着たスタッフが来場者を迎えている。彼らはコンサドーレボランティアスタッフ「CVS」。1998年の発足以来、運営経費の圧縮という当初の目的だけでなく、来場者へのサービス向上のサポートもしている。彼らの活動はマッチデイプログラム等の配布やチケット・パスの確認、来場者の案内・誘導など多岐にわたり、今では北海道コンサドーレ札幌のホームゲームではなくてはならないサポーターでもある。試合観戦での応援だけでなく、裏方スタッフとしてクラブを応援しよう!

ph1

お客さんからの「ありがとう」は CVSの励みです! 中島 加代子さん CVS歴/16年目

ph1-2元々サッカーが好きで、北海道コンサドーレ札幌の試合もよく観戦していました。それまでは試合観戦でクラブを表から応援するだけでしたが、CVSに参加してからは裏からサポートするのも、応援の一つになるんだと思い、2002年からずっとCVSを続けています。CVSのお仕事は幅広く、私は報道や来賓受付やクラブコンサドーレブースの対応など様々なことを担当しました。決まった一つのお仕事ではないので、いつも「今日はどの係かな」と楽しみにしています。大変なときもありますが、お客さんからの「ありがとう」の一言は何よりの励みです。今のCVSは若い人が少なくなっています。高校生や大学生の若手のサポートを待っています!

 

ph2-1

裏方でしか味わえない喜びがあります! 鈴木 正俊さん CVS歴/4年目
北海道コンサドーレ札幌のホームページで「CVSが足りない」という告知をきっかけに、試合の応援だけでないクラブの応援ができればと思い、参加しています。CVSの仕事はマニュアルがあってないようなもの。担当する仕事以外にもお客さんから質問があれば対応します。それがクラブのことだけでなく、会場についての質問もあるので、各会場についても把握しておかなければいけません。CVSは裏方ですがスタジオDJが僕たちに挨拶してくれたり、シーズン最後のスピーチで監督が僕たちのことを話してくれたりするなど、裏方でしか感じられない喜びがあります。チームが勝った日には笑顔のお客さんとハイタッチして喜びを分かち合えることも、CVSの楽しさだと思います。

ph2

 

一緒にクラブをサポートしませんか?

CVS(コンサドーレボランティアスタッフ)は通年募集しています。札幌ドームおよび札幌厚別公園競技場での、北海道コンサドーレ札幌ホームゲームの運営補助をしてもらいます。応募資格は16歳以上の健康な方(高校生可)、心得や注意事項を遵守できる方。高校生は保護者の同意が必要で、ナイトゲームは試合途中までの参加となります。

お申込方法

お電話、メールにてお申込みいただけます。
お電話の場合/TEL.011-777-5310 メールの場合/cvs1998@consadole.gr.jp

必要事項

メールでお申込みの場合は下記の必要事項を明記のうえ、お申込下さい。 ①氏名 ②フリガナ ③住所 ④電話番号 ※メールを受信し確認後、こちらから詳細のメールをお送り致します。  お申込みをしてから1週間以上メールが送られてこない場合はCVS事務局までお問い合わせ下さい。 お問合せ先
札幌市西区宮の沢2条3丁目4-1 CVS事務局[担当/吉田] TEL.011-777-5310
詳しくはHPをご覧ください
http://www.consadole-sapporo.jp/club/volunteer/

この記事が気に入ったらシェアしよう!

特集記事

運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
お問い合わせ